女性のお部屋探し

賃貸契約における保証人の役割

賃貸契約における保証人の役割 賃貸契約を結ぶときになぜ連帯保証人が必要になるのでしょうか。
賃貸物件のオーナーさんは、大切な収益物件をできるだけ安心な人に貸したいと思うのは当然ですね。
ですから、契約を結ぶ前にオーナーさんは入居審査を行い、この人なら貸しても大丈夫だと判断した人にしか物件を貸しません。
しかし、安心と思って貸しても、物件を借りる本人に不都合が生じることもないとはいえません。
ですから、万が一の時に、本人の代わりに責任を果たしてくれる役割を負う連帯保証人がいることを審査の条件に入れているのです。
そのため、連帯保証人は、2親等以内の親族で、安定した収入があり、支払い能力があるという条件を満たしている必要があります。
親族であっても、あまり高齢であると、認知症や健康上の問題があって、連帯保証人として認められにくいというのは、連帯保証人の役割が果たせない可能性があるということがネックになっているということです。
連帯保証人の役割は、本人に何かがあった時には、代わりに責任を負うということですから、なって貰うときも自分がなるときもそのことをしっかりと自覚しておきましょう。

賃貸の保証人は必須です

賃貸の保証人は必須です 賃貸の部屋を借りる際には保証人が必須になります。
なぜかというと入居者が家賃を払えなくなったり行方が分からなくなったりした時に本人に代わって債務を返済してもらわなければならない可能性があるからです。
保証人は親や身内に頼む方が多いです。
最近では保証人を代行する賃貸保証会社というものもあり、審査が通れば入居者は保証会社に支払いをすることで保証人の役割を担ってもらえます。
また賃主にとっても賃貸の滞納リスクを軽減できるので安心ということもあり最近では賃貸保証会社の利用必須の物件も増えてきています。
審査が厳しいと思われがちなのですが有職者でクレジットカードや携帯料金などの支払いの滞りがない場合は早くて30分程度で審査が終わることもあります。
保証料は家賃の1か月、3ヶ月分や毎月1~3万円の固定額など様々です。
2年更新の場合、更新時には初回契約時より保険料が安く設定されることも多いです。
保証人が見つからない場合には保証会社の利用も考えてみても良いでしょう。