女性のお部屋探し

賃貸を借りる時の保証人

賃貸を借りる時の保証人 自分の条件に合う良い物件が見つかったら、他の人に借りられないうちに早く契約したいと思いますよね。
しかし、ちょっと待ってください。
気に入った物件が見つかっても、すぐに契約できるというわけではないのです。
賃貸物件を借りる時には、まず物件のオーナーさんの入居審査が行われ、審査に通らないと入居することはできません。
その入居審査のためには入居申し込み書が必要になります。
入居申込書には、本人についてだけでなく、連帯保証人の職業・年収・勤務先・連絡先などの項目を記入する必要があるのです。
連帯保証人は誰でもいいというわけでなく、2親等以内の親族で、仕事に就いていて安定した収入があり、支払い能力があることなどが連帯保証人として認められる条件です。
賃貸物件を借りる時に、この連帯保証人が必要になるということは是非頭に入れておいてください。
しかし、そのような条件に当てはまる人がいない場合でも、連帯保証人の代わりをしてくれる保証会社を利用するとか保証外さやが発行するクレジットカードで家賃を支払う方法もありますので安心してください。

賃貸住宅を借りる際の保証人

賃貸住宅を借りる際の保証人 "賃貸住宅を借りる際に必ず必要になるのが連帯保証人です。
賃貸契約を結ぶ時は、借主が定職についていても、将来事故や退職などで収入がなくなり家賃が払えなくなる可能性もあります。
そのような、将来起こる可能性のあるリスクに備えて、借主が家賃を払えなくなった場合に、連帯保証人が支払う約束をすることで、賃貸人が安心して貸せるようになるのです。
連帯保証人は、借主が家賃を滞納した場合、借主に代わって家賃を支払わなくてはいけません。
そのため、誰でも良いというわけではなく、親・兄弟・子供の「三親等内」の身内で、借主が家賃を払えなくなった場合に代わりに払える収入のある人が求められます。
「連帯保証人」は「保証人」よりも責任は重くなります。
保証人の場合は、借主が滞納している家賃の支払いを求められても、「本人に請求してくれ」と突っぱねることができますが、連帯保証人はこの突っぱねる権利がなく、素直に支払わなければいけません。
賃貸住宅を借りる際に、貸す側が絶対に家賃を回収するためのシステムが「連帯保証人制度」なのです。